2010年10月18日

住宅用火災警報器の選び方:煙式?熱式?

ワタシが火災警報器を買おうと思ったとき

いろんな種類があって、熱式?煙式?それなに?って感じでした。

とりあえずおさえておきたいポイントとしては

設置場所が
◎寝室や階段など通常は・・・煙式感知器
◎台所など煙または蒸気が滞留する可能性がある場所は・・・熱式感知器

がいいみたいです。

ワタシの場合、台所には入居したときからすでに設置してあったので、
今回、寝室用として、煙式を選択。


そして次に決めるのが
電源を家庭用電源を使用するものか、電池式のものにするか。。。

なんですが、ワタシは
電池式を選択。

理由は電池式といっても、今のものは10年ももつんですね
電池式なら電源を気にする必要がないので、設置が簡単だということ。


それから火災を感知した警報器が鳴る単独タイプと
すべての警報器が鳴る連動タイプがあります。

お年寄りや障害のある方、赤ちゃんといった
自力で脱出できない方の寝室と離れた場所に保護者がいる場合、
警報音が聞こえないような場合は
連動タイプがいいと思います。


で、ワタシが今回購入したのが煙式、電池式、単独タイプ、パナソニック製のこれ。



うちのマンションですでに設置した人は
パナソニック製が多いらしいということを聞いてたのと、
楽天のレビューなんかを読んでみるとパナソニック製が評判がよいみたいだったので
決めました。


パナソニックの火災警報器とか

火災警報器とかのワード
で楽天で検索すると山のように出てきます。
複数個買うと送料が無料になるショップなどもありますので調べてみて
ご近所さんに声をかけてまとめて買うとお得かもしれませんね。


火災報知機工業会のサイトも参考になりましたよ。

さて、次回更新は実際に設置してみた感想なんかをレビューしまーす^^
タグ:煙式 熱式
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/166137928
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。